FC2ブログ

外痔は苦しい

痔恩さんが外痔を完治するまでの徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イボ痔一ヶ月と7日目

一ヶ月と7日目

またもや間が空いてしまいました。
前回の日記で「結局手術しました」と締めた、その後の状態を少し邂逅。
あ、長文になるんで長文苦手な方は、このサイトから逃げ出しましょうね。

さて、時は遡り、まさに一週間前!診察の為、いしやまクリニックへ。
受付を済ませ、程なく診察。

余談になりますが、この病院は有名な事もあり「受付8:30~」なんですが、
9:00なんぞに到着して受付を済ませた場合、1時間以上の待ちは覚悟しなければなりません。
しかし、当日は思ったより患者の数も少なく30分程で、診察タイムが始まりました。

診察開始。
先生「どうですか~?」
痔音「痛みはひいたんですけど、イボの違和感が・・・」
先生「ん~・・・(長考)」
痔音「あのぉ・・取るって訳いきません?」
先生「!!」
先生「お時間あります?今日取っちゃいましょ?すぐですから♪」
痔音「お願いしま~す」

で、以下の感じで時間が流れます。

◎下剤ぶち込まれる→排便するまで20分位
◎その間、手術の同意書を書かされる。
◎排便後、診察台に寝かされ麻酔を打たれる→何だかんだで20分位
◎手術開始→15分位→終了
◎麻酔が切れるまで2時間程、診察台で寝かされる。
◎麻酔が切れるのを確認後、帰宅の了承を得る。

ま、こんな流れですね。

話しが前後しますが、痔音のイボは13年熟成されてたイボでして、
投薬治療をしたとしても、完全には無くならないという結論。
血腫を残しておけば、いずれ何かのキッカケで再発するでしょうとの事。
だから手術という選択になったわけですね。
思い起こせば、13年前のあの時しっかりと治さなかったのが仇になったわけです。
一番最初の治療が肝心ですので、時間はかかっても投薬治療続けましょうね(ノ∀`)

話しは戻り、排便後・・・診察台で手術の準備が始まります。
看護士のおね~ちゃんと和気藹々と雑談。
その時ふと思い出した事があった。

「手術の料金聞いてねぇ…」

本来、同意書を書く時に問診があって、料金の説明があるらしいのに、
痔音さん、雑に扱われたようです(ノ∀`)アチャー
で、看護士さんに聞いて見たら
「多分2~3万じゃないですか?((´∀`))ケラケラ」と明るく返答を頂く。
「あ、手持ちで足りるわ♪」と思い、また雑談開始。
そうこうしながら、うつぶせになり麻酔の挿入が始まります。

楽観的に考えてたんですよね~、この時は…

「針刺す時、少し痛いですけど我慢して下さいね~、すぐ麻酔効きますから♪」と言われた。
しかし!結構~痛い!注射を刺す数秒が、素晴らしく痛い!
(下半身の局部麻酔ではあったんですが)
尾てい骨の真ん中あたりに、注射を刺すんだから、そりゃ痛い。
イメージとしては、抜歯をする際の麻酔ありますね?
あの痛みと、麻酔液が流れ込む感覚を、尾てい骨にもってくる感じです。
もうね?裏アキレス腱固めを決められた佐野(知らないでしょ)の様に、
即、タップしてましたから。

時間にすれば数秒なんだけど、こんな時って長く感じるのよねぇ。。
程なく麻酔が効いて来ます。

その後、びっくりしたのが手術に到るまでの、患者の体勢!
うつぶせの状態で、尻の左右にテープを貼り付けられ肛門が全開に開かれるという・・
日本男児として、この上ない羞恥プレイを受けるわけです。
まぁ、穴を手術するわけですから、患部が見えないと話しにならないし、
当たり前っちゃ、当たり前の体勢なんでしょうが、他人には見せたくない格好です。

「カチャカチャ」さて、手術が始まったようです。
麻酔効いてるんで、痛みは全くない!「良かったぁ」と安堵。
しか~し、何故か表の下腹部に猛烈な便意!

痔音「先生!何か便意するんすけど、出しても大丈夫っすか?」と恥かしげも無く伝えました。

だって、手術中にウンチぶちまけられたら、可哀相でしょ?
診察室が汚れるより、他人のウンチが身体に付くなんて、怒り沸いてくるじゃん♪

先生「あ~、そうでしょ?でも大丈夫!ちょっとの辛抱だから我慢してて?」
痔音「(゚Д゚)ハァ?」

まぁ、先生が「構わないよ」って言ってるんだから、知ったこっちゃね~わと思い、手術続行。

今にして思えば、万が一の準備をしてないわけでは無いよな~と思った。
ここからは痔音の推測だけど、多分、術中の万が一が起こらないように、
肛門にストッパーを刺してたんではないかな?と(笑)
そう考えると、下腹部の便意に対しても合点が行くわけで。

その間、15分位かな?滞りなく手術は終了!
仰向けに戻されて、麻酔が切れる2時間程ベットの上で療養。

術後の猛烈な痛みに襲われる事など、これっぽっちも思わず、
「これで、やっと人間に戻れるよ(´д`)ママン…」などと横になっていたのでした。

続く。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/18(金) 14:15:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jitaromaru.blog.fc2.com/tb.php/10-ceff9ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。